• jptraveler2017

チェジュエア エコノミークラス搭乗記 羽田~ソウル・仁川 2018年8月


ソウルと日本を結ぶLCCの便が本当に増えました。今回の利用はチェジュエア(Jeju Air)。夏の期間限定で、羽田を深夜に出て、仁川に早朝に着く便を週に2本だけ運航しています。自分は搭乗の約一か月前に購入して、片道の総額は16,300円ほど。

出発が02:00なので、仕事後家に帰って、ご飯食べて、シャワー浴びてから空港に行っても余裕です。

羽田のチェックインカウンターはL。羽田空港は深夜でも、人が多く。ベンチで寝ている人も多いです。早朝の便を待っているんですかね。

チェジュ航空はどこに行っても東方神起。ファンにはたまらんだろうな。

カウンターの混み具合はこの程度。待ち時間は10分位ですかね。 若い日本人の女の子が多く、みんな荷物を預けるので、列の進みは遅め。チェジュエアは15㎏までの預け荷物が無料ですしね。

搭乗券。チェジュエアカラーですね。

2時出発だと、ゲート付近もかなり空いていますが、店などはほとんど閉まっています。出国手続き前、ビルの1階にあるローソンが24時オープンで便利です。

座席とシートピッチ。結構狭いシートピッチ。シートはよく見たらカワイイ柄なのですが、いまいちあか抜けない感も。

座った感じはこんな感じ。多分標準的なLCCのシートピッチだと思いますが、機内誌などが足元のポケットに入っているので、狭く感じるのかな。

カウンターや機体のオレンジで統一された感じと比べると、なんとなく機内は凡庸な印象。

シートベルトは面白い形でした。そして、シートがやけに高い。足が浮く感じ。

機内販売の冊子と、安全のしおり。

チェジュエアはソウルから東南アジアなどにも飛んでいるからか、食べ物はなかなか充実。ビール一本500円程なので、安くもなく、特別高くもなく。

チェジュエアグッズは充実していて、LEGOもどきは買いたくなっちゃいました。

機内誌と、免税品販売冊子。

韓国の航空会社は免税品の充実ぶりが半端ないですね。LCCも例外ではなかったようです。左側の免税品冊子の厚さがわかりますかね。

羽田からほぼまっすぐ仁川を目指します。

やっぱり夜中は空路が空いてるんですね。フライト時間は2時間を切ります。しかし、この日のボーイング737-800は17年生で、古目。この飛行機、以前はエアベルリンで飛んでいたようですよ。

やはり、韓国の会社だとサービスも悪くないし、( まあまあ)安心して乗れますね。夜中のソウル行きなら、本当に寝るだけだし、LCCで十分です。韓国のフルサービスキャリアも夜中に飛んでますが、機内食出るんですよね?そしたら、ほとんど寝られないということで。

フライト時間が2時間しか無いので、寝れるのは長くても1時間半程度ですけどね。

到着後、入国審査は安定の混み具合。抜けるのに30分はかかったかなあ。今回、ソウル乗り継ぎでヨーロッパに行ったですが、仁川空港のサウナ、 SPA ON AIR で仮眠を取りたかったので、入国しました。そこで風呂に入って3時間ほど仮眠を取ると、体もだいぶ楽に。

なかなか体は辛いですが、時間を有効に使うにはソウル行き深夜便の利用もありかもですね。

Aug 2018

#737 #Jejuair #チェジュエア #羽田 #深夜便 #LCC #ソウル #仁川

184回の閲覧
P1000760
写真-2013_12_29-21.46.18-78
写真 2011-12-23 18 31 15
写真 2006-10-13 12 04 01
写真 2003-07-16 1 27 54

 © 2018 JPTraveler. All rights reserved.