• jptraveler2017

台湾新幹線(台湾高速鉄道、高鐵)に乗ってみた


台北の桃園空港に到着して、そのまま台中へ移動しました。その際に台湾新幹線に乗ってみましたので、ご紹介します。動画も撮ってみましたので、よろしければこちらからどうぞ。

ちなみに台北を南北に走る台湾新幹線は台湾高速鉄道が正式名で、地元では略して高鐵と呼ばれています。それ意外の在来線は台湾鉄道で台鐵です。

さて、桃園空港の第2ターミナルに到着。台湾新幹線の桃園駅までは、まずはMRTかバスで移動が必要です。自分は楽そうなMRTで。MRTで、台北行きとは反対方向に乗りますが、行先の表示がちょっとわかりにくくて最終駅の環北方面とか、桃園方面とか書いてないんです。台北行きじゃない方で大丈夫かなあ、と思ってホームへ。電車の数は多いので、慌てる必要はありません。ちなみに自分はもともと悠遊カード(悠遊卡、EasyCard)を持っていたので、切符売り場の傍でチャージされている金額をしてそのまま電車に乗りました。切符も買えますし、切符売り場で悠遊カードを買えそうです。

15分位の乗車の後、MRTの高鐵桃園駅へ到着。高鐵(台湾新幹線のこと)の桃園駅とはつながっているので、徒歩で高鐵の駅へ。がらーんと感じる、天井の高い大きな駅です。

今回の旅は台湾鉄道に乗って、駅弁を食べるのが一つの目的。駅でちゃんと駅弁を売っていました。でも、まずは切符を買いに。

もちろん有人の切符売り場はありますが、自分は自動切符販売機にトライ。英語もあるし、とってもわかりやすくできています。支払いは現金もカードもOK。電車を指定して、指定席が買えます。電車の本数も20分に一本はある感じでした。

切符はこんな感じ。後で考えたら、切符の新幹線の列車の色と同じオレンジベースなんですね。台中までは540台湾ドル。日本円で2000円ほどで安いですね。

改札を通り、ホームに向かいましょう。ちなみに僕の乗った時間の電車の間隔はこんな感じ。自分の行きたい駅に停車するとは限らないので、台中に行く僕が乗っても良い電車はこれがすべてという訳ではありませんでしたが。

南港発の台北方面からの新幹線が到着。日本の技術を導入しているので、当たり前ですが到着する時の音も日本のものと同じです。昔あった長野新幹線の車両が一番近いのかな。

普通車に乗りましたので、シート配列は2-3の5列。シートはこんな感じです。

テーブルの裏に書いてあることも、日本とほぼ同じですよね。

前の網の中には安全のしおり。日本の新幹線にはないですよね。

無料の車内誌。

台湾の駅弁を食べるのが旅の目的とか言いながら、結局買ったのは寿司だった。なぜだ・・・。でもなかなかイケましたよ。

たった35分の乗車で、あっという間に台中到着です。

乗る前は、切符が買えるかなあ、駅はわかるかなあと要らない心配をしていましたが、何のことはない簡単でした。車内はほぼ満席でしたが、快適な旅。列車の旅も良いもんです。

Jul 2017

#台湾新幹線 #台湾高速鉄道 #台湾 #高鐵 #Taiwanhighspeedrail #駅弁 #乗車 #便當 #桃園 #台中

145回の閲覧
P1000760
写真-2013_12_29-21.46.18-78
写真 2011-12-23 18 31 15
写真 2006-10-13 12 04 01
写真 2003-07-16 1 27 54

 © 2018 JPTraveler. All rights reserved.