• jptraveler2017

ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス イスタンブール~成田 2015年9月


少し前の話になりますが、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)のビジネスクラスでイスタンブールから成田へ飛びました。今は無くなってしまった、イスタンブールを昼頃に出て、成田に朝に着く便です。夜中発の便でないので、ゆっくり食事を楽しむことができました。自分がターキッシュエアラインズのファンになったきっかけのフライトです。

イスタンブール空港は急成長するターキッシュエアラインズのフライトの数に追いつけないのか、バスゲートの確率がかなり高いです。飛行機を間近に見られていいんですけどね。この日もバスで飛行機まで。A330-300での運航です。

ターキッシュエアラインズのウェルカムドリンク。レモンミントはいつ飲んでも美味しい。

飛び立ってすぐドリンクサービスが始まります。機内にバーがあって、そこからサーブしてくれる珍しいスタイル。

シャンパンいただきました。ナッツとともに。

おつまみはナッツだけかと思いきや、アミューズも後から届きました。この量って完全に前菜レベルではないですか?

そして、食事が始まります。テーブルセットはこんな感じ。テーブルに設置される、キャンドル風のライト。本当に粋ですよね。食器類も可愛い形。

前菜はワゴンサービスで好きなものを取ってくれます。卑しく、ほとんどのものを少しずついただきました。動かない機内で、食べすぎるのは好きじゃないのですが、やっぱり美味しそうなものが目の前に並ぶと、欲しくなっちゃいますよね。

メインはシーフードにしました。わかりにくいですけど、真ん中の丸いのが魚。手前の赤いのはパプリカです。これは見た目も、実際のお味も大したことはありませんでした。で、このタイミングでワインをトルコ産のシャルドネに変えたのですが、その美味しいこと!トルコワインが美味しかったという印象がなく、試しで頼んでみたのですが、びっくりです。日本に帰ってきて、トルコワイン探してみるんですが、あまり売ってないんですよね。

デザートもワゴンで回ってきて、好きなものを取ってくれます。お腹はいっぱいだし、酔っているし、かなり苦しいのですがこんなにいただいてしまいました。

ターキッシュエアラインズのビジネスクラスのシートはちゃんとフルフラット。ベッドメイクもしてくれますので、ほろ酔いで横になったら、数時間熟睡です。

気が付くと到着2時間前で、朝食をいただきます。ちょっと一食目は食べすぎて胃もたれしていたので、軽めに。

フライト時間は11時間ほど。ビジネスクラスならあっという間です。

これがターキッシュエアラインズの長距離便が初めてだったのですが、機内食のクオリティ、ビジネスなのにベッドメイクしてくれるところ、そしてクルーのサービス、どれをとっても満点でした。自分はすぐお酒を飲んで寝てしまうので、機内エンターテイメントの良し悪しはほとんど気になりませんし。(この時は日本語で見られる映画は数本だけでした。多分今は変わっていると思われます)

唯一の難点は、窓側に座ると通路に出るのに隣が寝ていたら、それをまたがなくちゃいけないところ。窓側好きな自分としては、窓側をキープするのをちょっとためらいます。あと、シート周りの収納が少な目ですね。

とは言え、機会があったらぜひまた乗りたいターキッシュエアラインズのビジネスクラスです。

日本へもそうですし、その他のアジアの都市への便は往復とも夜か夜中に出発するので、眠くて機内食もお酒もゆっくり楽しめないのは残念なところです。

TK50 IST-NRT Sep 2015

#ターキッシュエアラインズ #トルコ航空 #ビジネスクラス #機内食 #トルコワイン

289回の閲覧
P1000760
写真-2013_12_29-21.46.18-78
写真 2011-12-23 18 31 15
写真 2006-10-13 12 04 01
写真 2003-07-16 1 27 54

 © 2018 JPTraveler. All rights reserved.