• jptraveler2017

エア・カンボーザ エコノミークラス ヤンゴン~ニャンウー 2016年4月


ミャンマーのパガン遺跡に行く時に、ミャンマーからニャンウーまで、国内線のエア・カンボーザ(AIR KBZ )に乗りました。

ネットで調べると、ミャンマーの国内線については否定的なコメントばかり。遅延とか、スケジュールがよく変わるとか。

僕はエア・カンボーザのウエブサイトで普通にカード決済で予約でき、遅延も時間の変更もありませんでした。ミャンマーのインフラも急速に整ってきてるってことですね。

こちらが国内線のターミナル。朝の6時位。気温のせいか、朝早いほうが遅延しないというネット情報で朝一の便を予約。確かに、朝が他社も便が多い。因みに、僕の訪れた後に新しい国内線ターミナルがオープンしたようです。

チェックインカウター。今時これかよ。

でも、搭乗券は手書きではありませんでした。

当然のごとくバスで飛行機のそばまで行くのですが、なんと全ての便のバス乗り場は一つ。搭乗が始まると、アナウンス&看板を持ってスタッフがロビーを歩き回って案内してくれるんだけど、なにしろ出発便が重なってる時間帯。乗り遅れないか気が気じゃありません。

結構みなさん、巻きスカートのロンジーをはいていて、ミャンマーに来たんだなあと実感します。今回の旅の後半では自分も買いそうになっちゃいました。涼しそうだし。

無事にゲート(?)を通り、飛行機に向かいます。バスは日本の路線バスのお下がり。

みんな便ごとに胸に貼られるシールをバスに貼り付けているようです。

国内線の飛行機がたくさん。

今日の便は新しい飛行機みたい。

飛行機の乗り降りは後ろの扉からするので、実はこの写真は降りるときに撮ったのですが、機内はピカピカ。レザーシートにカラフルなヘッドレスト。後で調べたら、納品されたばかりの飛行機だったようです。( 因みに帰りの飛行機はボロボロで、初飛行から14年経ったものでした)

機内誌なんかもちゃんとあり。

機内食も配られます。

中身はクロワッサンサンド、スポンジケーキ、チョコレート。手作り感満載です。でも、結構美味しい。食後はお決まりのインスタントコーヒー。

そろそろ着陸。乾季だったのもあり、埃っぽい大地が広がっています。

到着空港のターミナルまでのバスは、ソウルの空港バスのお下がりでした。

ATR72の1時間20分ほどのフライト。なんのトラブルもなく、地上スタッフも、機内のスタッフも感じよく、快適なフライトでした。ミャンマーの国内線はまだ割引がほとんど無いので、片道で101ドルとまあまあの金額です。因みにバンコクからミャンマーのノックエアは60ドル程度だったので、その差を感じますが、高めの金額がミャンマーの航空業界の発展に役立てば。

KZ242/Apr 2016

#ミャンマー #国内線 #パガン遺跡 #AIRKBZ #エアカンボーザ #ヤンゴン #ニャンウー #ATR

123回の閲覧
P1000760
写真-2013_12_29-21.46.18-78
写真 2011-12-23 18 31 15
写真 2006-10-13 12 04 01
写真 2003-07-16 1 27 54

 © 2018 JPTraveler. All rights reserved.