• jptraveler2017

ターキッシュエアラインズ カイロ〜イスタンブール ビジネスクラス 2017年4月


カイロからターキッシュエアラインズ(トルコ航空)のビジネスクラスで、イスタンブールまで移動しました。A321、2時間程度のフライトです。

エジプトとはイマイチい相性が良くなかったのですが、最後に空港でも・・。チェックインカウンターに入る前にあるセキュリティー検査にはやる気のない係員。ターキッシュエアラインズはチェックイン中とディスプレーに表示されていたので、ビジネスクラス専用のセキュリティー検査に進むも、係員のおっちゃんが「まだチェックインが始まってないから、あと30分待て」と。いったん引き返すも、おかしいなあと思って、知らんぷりしてエコノミークラスの検査レーンに並ぶと、普通に通過できるという・・。実際チェックインカウンターに行ってみると、やっぱりカウンターはオープンしているし、すでにチェックインしている人もいるし。あのセキュリティー検査のおっちゃん、何だったんだろう。

チェックインカウンターのターキッシュエアラインズの人は、いたって普通。エジプトをそれ以上嫌いにならないですみました。

出国カードをカウンターで渡されますが、これも航空会社で作っているのかな。入国時のスイスインターナショナルエアラインズもロゴ入りで、独自のデザインでした。

スターアライアンスラウンジで少し時間をつぶした後、機内へ。搭乗口でも再度セキュリティーチェックがあります。

ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)のA321のビジネスクラスのシートはこんな感じ。レザーシートに赤のワインポイント。ターキッシュエアラインズのブランドが良く出てますね。多分とても新しいシートで、レザーもまだへたっていなくて、とても柔らかくて、良い肌触りでした。

シートピッチはこんな感じ。

ウェルカムドリンクはレモンミントジュース。中東ではおなじみ。ターキッシュエアラインズに乗るときは、必ず一杯はいただきます。

シート脇から出すTVモニター。十分な大きさ。

なんと、コントローラーはタッチパネル式。A321なんかの短距離路線でも、こんなのが入っているなんて。シートも、このエンターテイメントシステムも最新のものが搭載された飛行機だったよう。

とは言え、搭載されているプログラムの数はそれほど多くなく。当たり前だけど、日本語には対応してません。

ちゃんと機内食のメニューと、飲み物リストも配られます。

前菜。メッツェの盛り合わせ。正直短距離なら、これとパンがあれば十分では?

メインは͡コフタ。トルコ風のミートボール。ミンチ肉だと、温めなおしても肉が固くなりにくいですね。美味しくいただきました。

食後のお茶をいただいたら、もうこんな位置。

約2時間のフライトでした。

やっぱり、ターキッシュエアラインズは良いなあ、と改めて感じました。クルーの方もとっても感じが良いし、短距離でもこんなちゃんとした機内食が出るし。正直、前菜とパンだけでお腹いっぱいになる感じです。往路のスイスインターナショナルエアラインズのビジネスと比べると、全然違いますよね。トルコがもっと発展して、色んなコストが高くなってくると、ターキッシュエアラインズも今のようなサービスはできなくなっちゃうのかなあ。ネットワークも充実してるし、ターキッシュエアラインズ、お勧めです。

Apr 2017

#ターキッシュエアラインズ #ビジネスクラス #A321 #カイロ #イスタンブール #機内食 #トルコ航空

621回の閲覧
P1000760
写真-2013_12_29-21.46.18-78
写真 2011-12-23 18 31 15
写真 2006-10-13 12 04 01
写真 2003-07-16 1 27 54

 © 2018 JPTraveler. All rights reserved.